乳酸菌で花粉症が緩和する!?

 

腸は免疫機能を調整する機能を果たしている

私たちの腸は栄養分の吸収や水分の吸収、そして便の排泄という生命活動維持の上で重要な役割を担っています。それと同等な程度に免疫機能維持の役割も担っています。

 

腸の内部にはじゅうもう細胞と言う細かなお突起がびっしり生えた細胞が存在します。この器官は外敵が侵入してくるとそれを察知し、免疫細胞であるリンパ球の産出を促し外敵を攻撃排除します。

 

乳酸菌は腸内環境を良好な条件で維持するので、この免疫機能の維持についてもキープレイヤーの役割を果たしています。

 

花粉症の緩和に乳酸菌が関与しているとの研究成果も発表されている

花粉症は花粉と言う異物に対する生体内の免疫反応が過剰に活性化した結果、鼻水や鼻ずまり、目のかゆみなどの炎症をきたします。免疫機能が一部で暴走状態になることで、花粉症を発症すると考えられています。

 

腸内には全身の免疫細胞のうち60-70%の細胞が集中しているとも言われています。乳酸菌は腸内環境を好転させ、同時に免疫システムのバランスも調整することで花粉症の症状の緩和に役立っているとの研究経過が発表されています。

 

乳酸菌は腸内環境を良くするだけでなく、全身の免疫機能を調整する点でも有用性が明らかとなり各分野で研究が進んでいます。