免疫力を高めてくれる乳酸菌は?

 

乳酸菌で免疫を高める

身体には元々免疫力がありますが、それを高めるためて外部からのウィルスに対抗する身体作りをサポートするのはプラズマ乳酸菌です。

 

免疫細胞の司令塔でもあるプラズマサイトイド樹状細胞pDCを直接活性化させることができるためプラズマ乳酸菌と言われており、飲料メーカー2社により共同研究で発見された乳酸菌です。

 

 

免疫が高まる理由について

従来の乳酸菌と比較して免疫力を高める作用が高いため、インフルエンザなどの感染を防ぐことが期待できます。免疫細胞の司令塔でもあるため、ウィルスなどが体内に侵入した場合、プラズマ細胞が反応して、免疫細胞に攻撃を促し、抗ウィルス物質を発生させることで外部からのウィルスなどの侵入を防ぐことができます。

 

以前から乳酸菌は免疫細胞を活性化するために必要であるということは知られていますが、プラズマ乳酸菌は司令塔のプラズマ細胞を直接活性化させることができ、その結果免疫細胞が全体的に活性化させ、ウィルスなどへを防ぐシステムが向上するのです。

 

またロタウィルスにも効果が高く、乳幼児が感染すると急性重症胃腸炎になることもあるのですが、ロタウィルスも腸内で半減するという実験結果もあるのです。健康に関する効果が期待できるため、食品に添加されるなど活用されることが期待できる乳酸菌です。