乳酸菌とビフィズス菌の違いは?

 

健康維持や美容効果を得るため腸内環境を整えようと乳酸菌を積極的に摂取しようとする方が増えています。そんな乳酸菌として多くの方がイメージするのがビフィズス菌です。確かに腸内環境改善のためにビフィズス菌を配合したサプリやヨーグルトなどは多くありますが、この両者は厳密に言うと同じと言うわけではありません。

 

実は乳酸菌と一言にいってもその種類は豊富で、そのうちの一つがビフィズス菌です。そしてこの菌は人の腸に多く存在する菌の一つであり、腸の活動を活発にする善玉菌の代表とも言える菌です。そのため、乳酸菌サプリと言うと多くの方がビフィズス菌が配合されていると考えてしまうのです。しかし、実際には種類の違う菌が配合されている場合もあるのです。

 

このように乳酸菌と言うとイメージしがちな菌ですが、厳密に言うと違います。また、他の種類として悪玉菌の増加を抑えるラブレ菌や日本人の腸に相性の良いガセリ菌などもあります。

 

そのためサプリで腸内環境を整えるためにはどのような菌が含まれていて、どのような効果があるのか確認した上で選ぶことをお勧めします。腸の細菌バランスは人によって異なります。そのためサプリによる効果は人によって違うのです。