自分に合ったヨーグルト(乳酸菌)は?|まずは1週間食べてみる

自分にあったものを選ぶ

乳酸菌は腸内環境を整えて、免疫力を高めてくれるといわれています。ですが、個人個人の腸内環境には違いがあり、同じヨーグルトを食べたとしてもえられる効果には違いがあります。

 

誰かが食べて良かったものが自分の腸内環境を改善してくれるとは限りません。このため自分に合った乳酸菌を選ぶ必要があります。

 

ですが、自分にあった乳酸菌とはどのようなものであるか理解している方は少ないのではないでしょうか。自分に合った乳酸菌を探すためには、実際に食べてみるしかありません。

 

自分にあったものを探す方法

 

自分に合う乳酸菌を見つける方法は、毎日約200g程度のヨーグルトを1週間ほど食べてみることです。ただし、毎日違う種類のものを食べると、判断ができなくなりますので気をつけてください。そして、食べ続けながら便の様子を観察してください。

 

腸内の環境が改善されてくれば、腸の働きが良くなるので以下のような変化が現れてきます。

  • 硬い便が柔らかくなってきた。
  • 黒っぽい便が黄色くなる。
  • 臭いが軽くなる
  • 排便回数が増える
  • 力を入れずに排便できる
  • 便の量が増える
  • などです。

1週間食べ続けて変化が見られない場合は、別の種類に変えて同じようにに変化を観察してください。手間はかかりますが、続けているうちに自分にピッタリのものが見つかることでしょう。