乳酸菌で腸内細菌を整える

免疫力を高める乳酸菌

腸には食べ物を分解して栄養を吸収する役目がありますが、その食べ物と一緒に体にとって有害な菌や物質が侵入してくるため、腸は免疫細胞が集中している部分でもあります。腸内細菌の中で体に良い効果をもたらす善玉菌は免疫細胞の活動をサポートする役割があるので、抵抗力を高めるためには乳酸菌の力を借りて善玉菌を増やす方法が効果的です。

 

しかし、反対に悪玉菌が増えてしまうと、腸内フローラを構成している日和見菌まで悪玉菌の味方をするため、免疫細胞の機能が衰えて抵抗力が弱くなってしまいます。本来は害のない日和見菌を良い効果をもたらす菌に変えるには、乳酸菌を摂取して善玉菌の数を増やしていきましょう。

腸内細菌には個人差がある?

乳酸菌は体にとって良い働きをしますが、全ての人に対して同じような効果を発揮するわけではありません。その理由は、食べ物やサプリなどで摂取した乳酸菌と腸内フローラとの相性が関係しています。腸内フローラはたくさんの種類の菌からできているのですが、今まで食べてきた食品や生活習慣などによって、構成している種類には個人差があります。

 

そして、人と同じように善玉菌同士にも相性があるため、体の中にいる善玉菌と相性が合わない種類が入ってきた場合、何の役にも立たずに排出されてしまうことがあります。ですから、腸内細菌を整えるには相性の良い善玉菌を摂取することが大切な条件になるのですが、どの種類と相性が良いのか具体的には分からないため、たくさんの種類の善玉菌を摂取すると効率的に腸内細菌を整えられます。